よくある質問

よくある質問

こちらの事業・サービスページをご覧ください。 提供APIは今後拡充してまいります。ご要望等ございましたら、依頼フォームからぜひともお寄せください。
Rakuten RapidAPIを通じてのご提供となります。Rakuten RapidAPIにご登録お願いいたします。利用できるAPIや利用規約は、BODIK DX APIページからご確認ください。
提供APIについては、Rakuten RapidAPIを通じてご利用となります。利用状況に応じて課金となります。詳しくは、Rakuten RapidAPIのサイトでご確認ください。
ベストエフォート方式を採用しております。
ご不便おかけいたします。データの不備や間違いを見つけられましたら、ぜひ依頼フォームからご連絡ください。対応いたします。
依頼フォームからご意見をおよせください。今後のサービス拡充の参考にさせていただきます。
オープンデータとは、国、地⽅公共団体及び事業者が保有する官⺠データのうち、国民誰もがインターネット等を通じて容易に利⽤(加⼯、編集、再配布等)できるよう、以下のいずれにも該当する形で公開されたデータを指します。
  1. 営利⽬的、⾮営利⽬的を問わず⼆次利⽤可能なルールが適⽤されたもの
  2. 機械判読に適したもの
  3. 無償で利⽤できるもの
出典︓「オープンデータ基本⽅針」 平成29年5月30日 高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部・官民データ活用推進戦略会議 決定) https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/kettei/pdf/20170530/kihonsisin.pdf
Application Programming Interface の頭文字で、ソフトウェア同士が情報をやり取りするインターフェースの仕様をいいます。
デジタル変革(DX: Digital Transformation)とは、経済産業省が2018年12月に発表した「DX推進ガイドライン」によれば、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」とされています。 出典:デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)Ver. 1.0 経済産業省 https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf
Evidence-based Policy Making の頭文字で、エビデンスに基づく政策立案のことです。
依頼フォームからご意見をおよせください。自治体のオープンデータ公開の状況を確認いたします。
自治体向けには、庁内で保有するデータ(業務データ、個人データ、許認可データ等)を部局・分野横断的に活用して、住民サービス向上や根拠に基づく政策立案(EBPM)等を実現できるデータ活用型公務員を育成する事業を行っております。 事業者向けには、ご要望に応じて研修内容の構築からお手伝いさせていただきます。 詳細はお問い合わせください。
公益財団法人 九州先端科学技術研究所のウェブサイトをご覧ください。 システム情報技術、ナノテクノロジーなどの先端科学技術分野において、九州地域における共創の場を提供し、社会実装や社会実証、産業界のニーズと大学等研究機関等のシーズをつなぐ開発研究を産学官連携の下で推進するなど、産業の振興と経済社会の発展に資する様々な活動・事業(公益目的事業)を行っています。
日本語の名称を「ビッグデータ&オープンデータ・イニシアティブ九州」といいます。公益財団法人 九州先端科学技術研究所のひとつの事業として BODIK は、ビッグデータ&オープンデータを活用した、豊かで活力のある地域社会の実現を目指します。詳細は、BODIK ウェブサイトをご覧ください。
申し訳ございません。お客様のブラウザや操作環境によってチャットによるメッセージが届かないことがございます。たいへんお手数ですが、お問い合わせフォームからご連絡いただきますでしょうか?お願い申し上げます。